アルバニアホワイトニングクリーム 成分

アルバニアホワイトニングクリームの成分はいったいどうなっている?

アルバニアホワイトニングクリームの成分って?

アルバニアホワイトニングクリームは、塗るだけで理想のお肌が手に入るとネットなどで話題となっています。この夢のようなアルバニアホワイトニングクリームにはどのような成分が含まれているか知っていますか。

 

アルバニアホワイトニングクリームの効果を支えている成分はどのようなものなのか、含まれている成分に副作用などは無いのかが気になります。アルバニアホワイトニングクリームの成分について調べてみましたので参考にしてください。

 

有効成分は?

アルバニアホワイトニングクリームに含まれている成分でまず気になるのは有効成分ですよね。アルバニアホワイトニングクリームの期待する効果としては、シミやニキビ跡の改善をしたいとか日焼けして黒くなってしまった肌を明るくしたいといったような美白効果です。

 

アルバニアホワイトニングクリームに含まれている美白のための有効成分はトラネキサム酸とグリチルレチン酸ステアリルが含まれています。

 

トラネキサム酸とは元々は抗炎症剤に使われていたもので肌の紫外線などのダメージや肌内部で起きているダメージなどに対して炎症を抑えてくれる働きがあるのです。そして肌を守るのに必要なメラニン生成にも重要な働きをしてくれるのです。

 

そして、グリチルレチン酸ステアリルは、甘草から抽出された植物性天然成分で抗炎症、抗アレルギー作用があり、紫外線による炎症などにも非常に高い効果を発揮してくれます。

エイジングケア成分はこれ?

アルバニアホワイトニングクリームには年齢とともに弱くなってくる肌に対してエイジングケアをしてくれる成分もたっぷりと含まれています。

 

まず、目を引くのが牡丹エキスでこの成分は漢方の世界でも古くから抗炎症や血行促進の為につかわれてきた成分です。牡丹エキスは、シミやシワの原因となる紫外線ダメージから大事な肌を守ってくれる効果があるのです。

 

そして、カッコンエキスも漢方で有名な成分で牡丹エキス同様抗炎症や血行促進とともにメラニンを作らせてしまう酵素の分泌を抑制してくれる効果があるのです。カッコンエキスは女性ホルモンと似た働きもしてくれるのでホルモンバランスの乱れなどから肝斑が気になる人にも嬉しい成分です。

 

アルバニアホワイトニングクリームにはコメヌカ油という成分も含まれていてこの成分の効果は保湿効果が非常に高く、肌に備わっているバリア機能の向上も図ってくれるのです。

 

その他にも活性酸素を除去する働きのあるユキノシタエキス、保湿効果や細胞活性化のクロレラエキスやアロエエキスなどが含まれていて細胞の活性化やターンオーバーを正常化してくれます。

副作用の心配は?

アルバニアホワイトニングクリームの副作用などの安全性はどうでしょうか。気になる添加物についても調べてみました。添加物という名前を聞くだけでも心配になってしまう人もいるとは思いますが、どんな基礎化粧品でも最後まで安定して使えるようにする為に少なからず配合されているものが添加物なのです。

 

それではアルバニアホワイトニングクリームに含まれている添加物にはどのようなものがあるのかみていきましょう。アルバニアホワイトニングクリームに含まれている添加物はカルボキシビニルポリマー、3ーブチレングリコール、2ーペンタンジオールとなっています。

 

カルボキシビニルポリマーは乳液や美容液にも一般的に使われているもので皮膚刺激性や毒性、眼刺激性、アレルギーなどは基本的な無いと言われている成分です。

 

3ーブチレングリコールは保湿剤、防腐剤、などに広く使われ、いわゆるBGと呼ばれるもので今のところこの分野ではBGより安全性の高いものは無いと言われている成分です。

 

2ーペンタンジオールについても防腐剤のパラベンの代わりに使われているもので安全性の高いものとなっています。ただし、広い意味ではアルコールなのでアルコールに皮膚が過敏な人は腕などで試してからの方が良さそうです。

 

結論からするとアルバニアホワイトニングクリームに含まれている成分や添加物は非常に効果が高く、副作用の心配が無い化粧品と言えますね。

 

>>アルバニアホワイトニングクリームの最安値はこちら