アルバニアホワイトニングクリーム 嘘

アルバニアホワイトニングクリームの嘘の情報について!

アルバニアホワイトニングクリームの効果は嘘?

アルバニアホワイトニングクリームは、塗るだけでシミがポロッと取れると噂がすごいのですが、その噂は本当なのでしょうか。アルバニアホワイトニングクリームを試して見ようと思うとその噂が本当か嘘か気になりますよね。

 

アルバニアホワイトニングクリームのその噂は嘘という言葉も一部ではささやかれているので気になります。アルバニアホワイトニングクリームの噂が本当か嘘か調査してみました。

 

美白有効成分の正体は?

アルバニアホワイトニングクリームは塗るだけでシミがポロッと取れるのか、この点についてまずどのような有効成分が含まれているのかを調査してみました。

 

アルバニアホワイトニングクリームには美白効果の高い2種類の有効成分が配合されています。一つはトラネキサム酸というものでもう一つはグリチルレチン酸ステアリルというものです。

 

まずトラネキサム酸ですが、この成分は元々は抗炎症剤に使われていたもので肌の紫外線などのダメージや肌内部で起きているダメージなどに対しての炎症などを抑えてくれる働きがあるのです。さらにメラニン生成にも重要な働きをして肌を守ってくれるのです。

 

そして、グリチルレチン酸ステアリルは、甘草という植物から抽出された天然成分で抗炎症、抗アレルギー作用に非常に優れています。よって紫外線などによる炎症なども優しく静めてくれる働きがあるのです。

 

これらの成分からみるとシミがとれるというのは嘘ではないと考えられますが、嘘というコメントがあるのはなぜなのでしょうか。

表現が嘘?

アルバニアホワイトニングクリームを塗ってシミが剥がれないことがある理由は、どのようなことが考えられるのかをみていきます。

 

その為に理解しておかなくてはいけないことが実はあったのです。それはシミの構造というものでシミとは肌に一枚ペタッとただ付いているようなものではないということです。その一枚のシミが落ちてもシミは肌の表面に向かって逆三角形のように皮膚の奥深くに向かって何層にもメラニンが沈着しているのです。

 

よってアルバニアホワイトニングクリームを塗った場合は何回も何回もシミが剥がれてターンオーバーを繰り返していく中でシミが消えていくのです。だからシミがポロッと剥がれるという表現は間違っているけれどシミが消えないという訳では無いと言うことです。

大事なのは正しい使い方!

アルバニアホワイトニングクリームについては正しい使い方をすれば効果が出ます。しかし、その使い方に間違いがあるとせっかくの効果も半減したり、実感できなかったりしてしまいます。

 

そこで、正しい使い方について学んでおきましょう。まず大事なのはスキンケアの順番です。この順番は非常に重要なので必ず覚えるようにしてくださいね。基本の手順としては洗顔、化粧水、美容液、乳液、アルバニアホワイトニングクリームの順番です。

 

この順番でやらないで洗顔してすぐにアルバニアホワイトニングクリームを塗ってしまうと肌に必要な水分が浸透してない状態のまま油分でフタをしてしまうことになるので乾燥やニキビ、吹き出物などの肌トラブルになってしまう可能性があるのです。

 

しっかりと正しい使い方をすればアルバニアホワイトニングクリームの効果を実感できるはずなので試すようにしてみてください。

 

>>アルバニアホワイトニングクリームの最安値はこちら